LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

「記憶を伝える海外の博物館と結ぶオンラインイベント」を開催します


2022年3月9日

 広島平和記念資料館では、海外博物館とのネットワークの強化のため、「ヒロシマ・ナガサキ原爆・平和展」開催に合わせて、平和をテーマとした博物館を訪問し、世界恒久平和等を目指した取組を共同で展開することなどの連携策について、協議・調整を進めています。

 この一環として、ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館のガイドの中谷(なかたに)(たけし)氏を講師に迎え、「記憶を伝える海外の博物館と結ぶオンラインイベント」を開催します。ヒロシマが直面する課題解決の糸口模索として、アウシュヴィッツ強制収容所の歴史、次世代への継承等についてお話しいただきます。

 

チラシダウンロード

参加にあたってのお願いと注意事項

 

1 参加対象者

   どなたでも参加可能

 

2 開催日時・主なプログラム 

  令和4年3月23日(水)16時30分~17時50分(日本時間)

 

  16:30~17:30 「アウシュヴィッツ強制収容所の歴史継承」(中谷剛氏)

  17:30~17:50 質疑応答等

 

3 実施方法

  Zoomウェビナー

 

4 申込方法

    以下のリンクから事前の参加登録が必要です。

 

  https://zoom.us/webinar/register/WN_lawYuSzyTHqYUvG32dtqgQ

 

  ※定員1,000人。先着順にて受け付けます。

  

5 言語

  日本語

 

6 参加費

  無料

 

7 主催者

 (公財)広島平和文化センター平和記念資料館

 

8 問合せ先

      平和記念資料館啓発課 

       TEL     082-242-7828

 E-mail keihatsu@pcf.city.hiroshima.jp

 


お知らせ一覧に戻る