LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

資料館の歩み

資料館に関する年表


1945(昭和20)年 8月6日 人類史上初めての原子爆弾が広島市中心部の上空約600メートルでさく裂し、広島市は壊滅的な被害を受けました。
1949(昭和24)年 8月6日 日本ではじめての住民投票で9割以上の支持を得て、「広島平和記念都市建設法」が公布されました。
9月 広島市中央公民館に「原爆参考資料陳列室」が設置され、原爆被災資料の公開展示が始まりました。
1952(昭和27)年 3月 「広島平和記念都市建設法」により平和記念公園の中に恒久平和を記念する施設として平和記念館、平和記念資料館、公会堂、原爆慰霊碑が建設されることになりました。
1955(昭和30)年 8月 平和記念館と平和記念資料館が開館しました。原爆被災に関する資料収集には、市民有志の団体である原爆資料集成後援会(現在の原爆資料保存会)をはじめ数多くの市民の協力がありました。
1958(昭和33)年 4~5月 平和記念資料館などを会場として「広島復興大博覧会」が開催されました。
1975(昭和50)年   建物の老朽化と資料の劣化に対応するため初の大規模改修を行い、展示内容を一新しました。
1991(平成3)年 8月 二度目の大改修を行い、大型模型や大画面映像を取り入れました。
1994(平成6)年 6月 展示・収蔵機能や平和学習の場を充実するため、平和記念館を改築し、「平和記念資料館東館として開館しました。

■東館…被爆前までの広島、原爆の開発から投下まで、核時代の現状や広島の平和への取り組みについて展示
■本館…被爆者の遺品や写真などを展示
2006(平成18)年 7月 本館建物が戦後建築として初めて国の重要文化財に指定されました。
2012(平成24)年 11月 附属展示施設として「シュモーハウス」を広島市中区江波二本松一丁目に開館しました。
2014(平成26)年 3月 東館、本館のリニューアル工事に着手しました。
2017(平成29)年 4月

東館がリニューアルオープンし、本館を閉館しました。

■東館…「導入展示」、「核兵器の危険性」、「広島の歩み」の3つのゾーンに分けて展示


建設中の本館(撮影/佐々木雄一郎 提供/塩浦雄悟)

開館間もない時期の館内(収集/長岡省吾)