LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-5建物疎開


建物疎開作業のようす
濱田義雄作

建物疎開とは、空襲による火災が広がるのを防ぐため、

あらかじめ建物を取り壊して空地を作ることです。

この作業には広島市内だけでなく近隣の町村からもたくさんの人が動員され、

ノコギリやロープをつかって人力で行われました。

また大人だけでなく、現在の中学校1、2年生にあたる国民学校高等科の児童や

中学校・高等女学校の1、2年生も動員されました。

8月6日は広島市中心部で大規模にこの作業が行われる日となっていたため、

多くの人が屋外での作業中に被爆し、亡くなりました。