LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-1-1-1原子力の発見と第二次世界大戦

核分裂を発見したオットー・ハーン(左)とそれを立証したリーゼ・マイトナー(右)
1908年(明治41年) マックス・プランク協会提供

 第二次世界大戦が始まる前年の1938年(昭和13年)12月、ドイツの科学者が原子の核分裂を発見しました。第二次世界大戦は各国とも国を挙げた総力戦となりました。多くの国民が動員され、数々の新兵器が開発されました。こうした中、ウランの核分裂が連続して起こる連鎖反応により膨大なエネルギー放出されることが明らかになると、原爆の開発が進められ、戦争に用いられることになりました。

東館3階 2 核兵器の危険性