LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-2-3-2被爆者への医療支援

原対協が初めて行う被爆者の無料診療
1953年(昭和28年)1月18日 中国新聞社提供

広島市が中心となり、被爆者医療を続けていた医師たちの協力を得て、1953年(昭和28年)1月、広島市原爆障害者治療対策協議会(原対協)が設立されました。市民病院での無料診断など、被爆者への医療支援が始まりました。