LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

海外収集資料から見る広島の原爆被害と復興


  • 日時2019年12月27日~2020年7月下旬
  • 場所東館1階 企画展示室
    ※12月30日、31日は休館日です。

 広島平和記念資料館では、これまで被爆資料や遺品、写真など被爆に関するさまざまな資料を収集し、調査のうえ整理・保管し、展示や証言を通して被爆の実相を広く伝えてきました。
 写真資料は、原爆による被害を知るうえで重要な意味を持っています。これまでも広島原爆に関する多数の写真が知られていますが、原爆投下後に多くの外国人が広島に入ったこともあり、日本では知られていない写真資料が海外にも多数存在しているものと考えられています。

 資料館では海外からデータを取り寄せることや、職員を海外に派遣し調査することによって各機関や個人が所有する写真資料等を収集してきました。

 この企画展では、近年海外から収集した写真資料や証言を中心として広島の原爆被害と被爆後の復興を振り返ります。

 

チラシダウンロード

 

展示内容

1.原爆投下まで(写真パネル4枚)

2.スティムソン・センター寄贈大型写真(大型写真実物4点)

3.原爆投下(写真パネル2枚)

4.終戦後に撮影された航空写真(写真パネル17枚)

5.廃虚の広島(写真パネル15枚、プロジェクター展示1点)

6.爆心地(写真パネル8枚)

7.復興(写真パネル13枚)

8.海外からの支援―「広島の家」計画(写真パネル4枚)

 

コラムパネル 9枚

展示ケース内 海外から寄贈された被爆資料等 21点

テレビ展示 1点(証言映像等を上映)

 

※主な展示内容を収録したパンフレット(日本語版、英語版)を来場者に配布します。下記からのダウンロードも可能です。

 

日本語版

英語版

 

◆入場料 無料

 

関連イベント 企画展記念講演会

◆日時

令和2年(2020年)2月22日(土)

14時~16時30分(開場13時30分)

 

◆会場

広島平和記念資料館 東館地下 メモリアルホール

 

◆内容

本企画展、及び海外での資料収集を担当した学芸員による講演

展示・催し物Exhibitions & Events