LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

旭川市における原爆・平和展の開催について


2022年11月17日

 広島市では、原爆被害の実相を伝え、核兵器廃絶の世論を醸成するため、国内各地の自治体との共催により原爆・平和展を開催しています。今年度の開催地は北海道の3都市。ここでは、今月末に開催が迫った旭川市での展示について情報提供します。(残りの2都市、苫小牧市と札幌市での展示は7月~8月に終了しています。)

 

1 旭川市における原爆・平和展の概要

展示会名称

旭川市市制施行100年記念「ヒロシマ原爆展」

会場

旭川市民ギャラリー

開催期間等

令和4年(2022年)11月30日(水)~12月11日(日)午前10時~午後5時

入場無料

主催

旭川市、広島市

展示物等

被爆資料(別紙参照)、被爆の実相を伝える写真パネル、高校生と被爆者が制作した原爆の絵(原画)等、約60点のほか、被爆体験記・平和関連図書閲覧コーナー、平和へのメッセージ記入コーナーもあり

関連行事

笠岡(かさおか) (さだ)()さん(12歳の時に広島で被爆)による被爆体験講話

日時:12月11日(日)午前10時~11時

会場:イオンモール旭川駅前 4F イオンホール

定員:先着120名(要申込)

備考

旭川市・広島市共催による原爆・平和展の開催は初めて

参考リンク

旭川市ホームページ 旭川市市制施行100年記念「ヒロシマ原爆展」」

https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/408/427/429/d076326.html

※新型コロナウイルスの感染状況により、事業内容を変更・中止する場合があります。

 

2 国内における原爆・平和展の開催実績

平成8年(1996年)の事業開始以来、これまでに45都道府県・69都市で延べ76回開催(11月17日現在。苫小牧市、札幌市を含む)


お知らせ一覧に戻る