LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

北海道3都市での原爆・平和展の開催について


2022年7月8日

 広島市では、原爆被害の実相を伝え、核兵器廃絶の世論を醸成するため、平成8年度(1996年度)から国内各地の自治体との共催により原爆・平和展を開催しています。今年度は、北海道苫小牧市、札幌市、旭川市で開催します。

※新型コロナウイルスの感染状況により、事業内容を変更・中止する場合があります。

 

1 原爆・平和展の概要

(1)苫小牧市

展示会名称

苫小牧市非核平和都市条例施行20周年記念「ヒロシマ原爆資料展」

会場

苫小牧市文化交流センター(アイビー・プラザ)

開催期間等

令和4年(2022年) 7月30日(土)~8月21日(日) 午前9時~午後7時 入場無料

主催

苫小牧市、広島市

展示物等

被爆資料(別紙参照)、被爆の実相を伝える写真パネル、高校生と被爆者が制作した原爆の絵(原画)等、約60点のほか、苫小牧市内の小・中学生が折った千羽鶴の展示、被爆体験記・平和関連図書閲覧コーナー、映像視聴コーナー、平和へのメッセージ記入コーナーもあり

関連行事

八幡(やはた) 照子(てるこ)さん(8歳の時に広島で被爆)による被爆体験講話

日時:8月13日(土)午後1時~2時 会場:講習室 定員:70名(要申込)

備考

苫小牧市・広島市共催による原爆・平和展は初めて

参考リンク

苫小牧市ウェブサイト(非核平和都市条例)

 

 

(2)札幌市

展示会名称

札幌市平和都市宣言30周年記念「ヒロシマ原爆・平和資料展」

会場

札幌駅前通地下歩行空間

北1条イベントスペース東(チ・カ・ホ出口7番と9番の間)

開催期間等

令和4年(2022年)8月5日(金)~8月15日(月)

午前9時~午後9時 ※最終日のみ、午後7時終了 入場無料

主催

札幌市、広島市

展示物等

被爆資料(別紙参照)、被爆の実相を伝える写真パネル、高校生と被爆者が制作した原爆の絵(原画)、子ども向けポスター等、約80点のほか、被爆体験記・平和関連図書閲覧コーナー、「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名コーナーもあり

※札幌市が市内小・中学生及び高校生等から募集した「平和へのメッセージ」パネル展示、同市の平和事業紹介パネル展示、同市制作の平和関連動画視聴コーナーもあり

備考

札幌市・広島市共催による原爆・平和展の開催は2回目(1回目は平成9年)

参考リンク 札幌市ウェブサイト(札幌市平和都市宣言30周年記念「ヒロシマ原爆・資料展」)

 

 

(3)旭川市

展示会名称

「ヒロシマ原爆展」

会場

旭川市民ギャラリー

開催期間等

令和4年(2022年)11月30日(水)~12月11日(日)午前10時~午後5時

入場無料

主催

旭川市、広島市

展示物等

被爆資料(別紙参照)、被爆の実相を伝える写真パネル、高校生と被爆者が制作した原爆の絵(原画)等、約60点のほか、被爆体験記・平和関連図書閲覧コーナー、平和へのメッセージ記入コーナーもあり

関連行事

会期中に、広島から被爆体験証言者を派遣し、講話会を開催予定

備考

旭川市・広島市共催による原爆・平和展の開催は初めて

 

2 開催実績等

平成8年(1996年)の事業開始から平成31年度/令和元年度(2019年度)までに45都道府県・68都市で延べ74回開催(被爆地である広島県・長崎県を除く全都道府県を一巡)。

※令和2年度及び令和3年度は「東京オリンピック・パラリンピックに合わせたヒロシマ・ナガサキ原爆・平和展」に向けた準備及び実施のため、本事業における原爆・平和展を休止。


お知らせ一覧に戻る