LANGUAGE

来館案内

    目的別利用案内

      資料館について

        文字サイズ
        S
        M
        L
        背景色

        3-2-7-4「禎ちゃんのために何かしないと」

        1955年(昭和30年)11月12日 
        広島公会堂前 川野登美子提供
        「原爆の子の像」建立のためにビラ配りに参加した同級生たち。
        後列左端は像の建立を提案した河本一郎さん。

        禎子さんの死にショックを受けた小学校の同級生たちは、

        禎子さんのためにお墓か記念碑のようなものを建てたいと考えました。

        その時、禎子さんだけでなく

        原爆で亡くなったすべての子どもの霊を

        なぐさめるための像を造らないかと提案され、

        「原爆の子の像」建立運動が始まりました。

         

        「原爆の像」建立を呼びかけたビラ
        山本清司寄贈

        本館 被爆の実相 3 被爆者