LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

「広島平和記念資料館資料調査研究会研究報告」第13号を刊行しました


平成29年12月28日

広島平和記念資料館をサポートする専門家による研究報告「広島平和記念資料館資料調査研究会研究報告」第13号を刊行しました。

ご希望の方には広島平和記念資料館学芸課事務室(東館地下1階)にて無償配布しています(先着150部)。

郵送をご希望の方には着払いで郵送します。

 

*研究報告の概要*

 

1 名 称

  「広島平和記念資料館資料調査研究会研究報告」第13号

 

2 発行年月日

  平成29年12月20日

 

3 発行者

  広島平和記念資料館資料調査研究会

 

4 仕 様

  A4判 61頁

 

5 目 次

  (1) 通常兵器の役割と軍備管理・軍縮

    -欧州における通常兵器の役割に着目して

    広島修道大学法学部 教授 佐渡 紀子

  (2) 広島平和記念資料館所蔵の仁科土壌資料

    および黒い雨を浴びた衣類とフォールアウト雨域について

     広島大学大学院工学研究院 特任教授 静間 清

  (3) 広島平和記念公園内に設置されている二つの野外彫刻について

    -本郷新≪嵐の中の母子像≫と菊池一雄≪原爆の子の像≫

    呉市立美術館 館長 松田 弘

  (4)NPT再検討会議の失敗と変わらぬ被爆地の思い

    -2015年の核をめぐる動向と論調-

    広島市立大学広島平和研究所 副所長 水本 和実

 

6 発行部数と配布先

  500部 市内公共施設、図書館、平和関係機関など

 

7 問い合わせ先

  広島平和記念資料館資料調査研究会事務局(広島平和記念資料館学芸課)

  電話 (082) 241 - 4004


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News