LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

本館下の発掘に伴う出土品の展示を行います


平成29年12月15日

丹下健三氏が設計した広島平和記念資料館本館は、平成18年に戦後建築として初めて国の重要文化財に指定されました。この建物を地震災害から守るため現在、耐震改修等工事を進めています。

 

この工事に先立ち、埋蔵文化財保護のため平成27年11月から平成29年3月にかけて、本館下の発掘調査が行われました。その結果、江戸時代から戦前、そして被爆時の生活用品などコンテナ約1,000箱分が発掘され、現在、(公財)広島市文化財団が分析を行っているところです。

 

今回はその中から、被爆当時の生活用品の一部を展示します。

 

1 期間
平成29年12月21日(木)~平成30年3月(予定)

 

2 会場
広島平和記念資料館東館1階 情報コーナー特設展示スペース(被爆面の展示に追加)

 

3 展示内容
広島平和記念資料館本館下の発掘に伴う出土品:約30点

展示予定資料:牛乳瓶、ビール瓶、碁石、万年筆、飾りタイル、ビー玉 など

 

4 入場料
 無料(1階フロアは入場無料、2・3階の常設展示室は有料)

 

 

※ 展示についてのお問い合わせは平和記念資料館学芸課まで、発掘調査全体については広島市平和推進課まで、発掘調査に伴う出土品などの詳細については(公財)広島市文化財団文化財課(568-6511)まで、それぞれお問い合わせください。


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News