LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

被爆75年企画展 「広島平和記念資料館のあゆみ 第二部 8月6日へのまなざし-資料を守り伝え続ける」を開催します


2021年2月18日

資料館が収蔵する資料は、当初、被爆直後に焼け跡から収集した瓦や石などが出発点でしたが、その後、被爆者や遺族の方々からの寄贈資料、被爆直後の惨状を記録した写真や映像、「市民が描いた原爆の絵」など多様なものを加え、数万点の規模になっています。

今回の企画展は、「広島平和記念資料館のあゆみ」第二部として、1970年代から現在に至る資料館のあゆみを伝えます。現在、資料館に収蔵されている資料はどのような経緯で収集・整理されたのか。また、どのような構想に基づき展示がリニューアルされてきたのか。さらに、資料に向き合った人々の姿も紹介しながら、資料を守り後世に伝え続ける大切さを伝えます。

 

チラシダウンロード 

 

期間

2021年2月27日(土)~2021年7月18日(日)

 

会場

広島平和記念資料館東館1階 企画展示室

 

展示内容

(1)開館以来最初の常設展示更新

(2)新たな収蔵資料と展示の広がり

(3)広島平和記念館との一体化へ

(4)一人ひとりの姿を伝える

 

展示点数

写真パネル、現物資料など約200点

 

入場料

無料


お知らせ一覧に戻る