LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

世界の平和博物館関係者による講演会を行います(ICMEMO広島オフサイトミーティング)


2019年8月28日

ICMEMO広島オフサイトミーティングは、9月1日から7日まで日本で初めて開催されるICOM(国際博物館会議)京都大会の日程中、世界各地の平和博物館関係者からなる国際委員会ICMEMO(公共に対する犯罪犠牲者追悼のための記念博物館国際委員会)が京都を離れ、9月5日に広島で講演会を行うものです。どなたでもご参加いただけます。

 

チラシダウンロード

 

テーマ

グラウンドゼロからの記憶、遺構、そして語り

 

日時

令和元年(2019年)9月5日(木)
開場13:30 /開会14:00 /閉会16:30

 

会場・使用言語等

広島平和記念資料館東館地下メモリアルホール
広島市中区中島町1-2

 

使用言語:英語
※同時通訳機器の貸出あり(先着約250名様)

 

入場無料・予約不要

 

プログラム

14:00
挨拶 松井一實 広島市長
挨拶 スアイ・アクソイ ICOM(国際博物館会議)会長

 

14:15
基調講演 クリフォード・チャニン 9・11記念館副館長
「社会の記憶と個人の悼み―利害の狭間にあるメモリアルミュージアム」

 

15:15
講演 イラッチェ・モモイティオ ゲルニカ平和資料館館長
「ゲルニカ(スペイン内戦)で変わった戦争の手段」

 

15:35
講演 ジェーン・クリンガー 米国ホロコースト記念館保存チーフ
「写真の言語とその隠された意味」

 

主催:ICOM、ICMEMO 共催:広島市、公益財団法人広島平和文化センター

 

お問い合わせ

学芸課 TEL 082-241-4004


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News