LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

シュモーハウス企画展「シュモーハウスの原点―皆実平和住宅建設70年―」を開催しています【~12月8日(日)まで】


2019年8月2日

 1949年(昭和24年)から1953年(昭和28年)の間、米国シアトルに住むフロイド・シュモーさんは、原爆投下により家を失った広島・長崎の人々のために家を建てる活動を行いました。

 「広島の家」と名付けられたこの活動では、最初の建設が1949年8月から10月にかけて広島の皆実町で行われ、2棟の二軒長屋が完成し広島市に寄贈されました。

この展示では最初の建設から70年となるこの機会に、その後のシュモーさんの日本はもとより朝鮮半島や中東での活動の原点ともなったこの建設を写真や資料とともに振り返ります。

 

    チラシダウンロード

 

 

展示会場

シュモーハウス(広島平和記念資料館附属展示施設)
広島市中区江波二本松一丁目2番43号

※入場無料

 

展示期間

令和元年8月2日(金)~12月8日(日)

開館時間 午前9時~午後5時

休館日 毎週月曜日

※8月5日(月)、8月12日(月・振休)、9月16(月・祝)、23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、22日(火・祝)、11月4日(月・振休)は開館。

それぞれ翌日は休館(8月6日を除く)

 

 

随時解説

下記日程で来館された方に解説員が随時展示の解説を行います。

(1)8月4日(日)・5日(月)・6日(火)10時~15時   

(2)11月2日(土)・3日(日・祝)・4日(月・振休)10時~15時

 

「シュモーハウス」とは
アメリカ人のフロイド・シュモー氏が住まいを失った広島の人々のために建設した建物の一つです。現在は広島平和記念資料館の附属展示施設として、海外から広島に寄せられた支援について展示しています。

 シュモーハウスのページへ

 

 

【問合先】

学芸課 TEL 082-241-4004

 

 


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News