LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

国内3都市で原爆展を開催します


2019年7月8日

原爆被害の実相を伝え、核兵器廃絶の世論を醸成するため、平成8年度から国内各地の自治体と共催で原爆展を開催しています。

今年度は、次のとおり開催します。鳥取県では初めて開催します。

 

 

1 開催概要

開催地 開催期間 会場
徳島市
(徳島県)

【メイン会場】
7月10日(水)~7月30日(火)
(7月16日(火)、22日(月)及び29日(月)を除く18日間)

【サテライト会場】
7月10日(水)~8月7日(水)(29日間)

【メイン会場】
徳島県立二十一世紀館 多目的活動室
(徳島県徳島市八万町向寺山)

 


【サテライト会場】
徳島県戦没者記念館
(徳島県徳島市雑賀町東開21-1)

 

鳥取市
(鳥取県)
8月4日(日)~8月18日(日)
(8月5日(月)を除く14日間)

鳥取市歴史博物館 特別展示室
(鳥取県鳥取市上町88)

市川市
(千葉県)
8月14日(水)~8月22日(木)
(8月19日(月)を除く8日間)

生涯学習センター グリーンスタジオ
(千葉県市川市鬼高1-1-4)

 

 

2 内容

(1) 展示資料等

◎写真パネル ◎被爆資料 ◎市民が描いた原爆の絵 ◎高校生が描いた原爆の絵
◎キッズ・ポスター ◎被爆体験記 ◎映像上映(記録映像、アニメーション)
◎平和関連図書の紹介コーナー ◎折り鶴コーナー ◎平和へのメッセージコーナー

※会場の都合等により、上記の一部のみ実施する場合があります。

 

(2) 被爆体験証言者の派遣及び講話の実施(予定)

徳島市へは、被爆体験証言者の笠岡 貞江(かさおか さだえ)さんを、鳥取市へは梶本 淑子(かじもと よしこ)さんを派遣し、被爆体験講話を実施します。
(※市川市では地元在住の被爆者が被爆体験証言を行う予定です。)

 

 

3 オープニングセレモニー

開催地 開催日時 広島からの出席者(予定)
徳島市 7月10日(水) 09:30~ 平和記念資料館 館長 滝川 卓男
鳥取市 8月4日 (日) 08:45~ 平和記念資料館 副館長 浜岡 克宣

※市川市ではセレモニーを行いません。

 

 

4 これまでの開催実績

これまでに44都道府県66都市で延べ71回開催しています。 

  国内原爆展開催実績

 

被爆地である広島県及び長崎県を除くと、この度の開催で、全ての都道府県を一巡します。

 

問合先

啓発課 TEL 082-242-7828


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News