LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

収蔵資料の紹介コーナーの展示を更新しました


2019年5月30日

テーマは「ある一家の原爆」

 

「収蔵資料の紹介」コーナーでは、平和記念資料館で収蔵している約2万点の資料の中から、テーマに沿って数点ずつを展示しています。

 

1945年(昭和20年)8月6日、一発の原子爆弾により、広島の街は、一瞬にして廃虚と化しました。大量の放射線を浴び、体を焼かれ、多くの人々が苦しみながら亡くなりました。

 

今回は、原爆で亡くなったある一家の兄妹に焦点をあて、兄妹が生前に使っていた遺品を遺族の言葉とともに紹介します。

 

1 展示期間 令和元年(2019年)5月30日(木)~令和元年(2019年)12月上旬(予定)


2 展示場所 広島平和記念資料館 東館1階 企画展示室(入場無料)

 

3 展示する資料
 実物資料9点:手製の人形、校章、ノートなど

 

【参考】 このコーナーは、テーマを変えて展示替えを行います。

 

松野妙子氏提供写真

「ある一家」木村家の兄妹
提供/松野妙子氏

問い合わせ先

学芸課

電話 (082) 241 - 4004   FAX (082) 542 - 7941

〒730-0811 広島市中区中島町1-2

 


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News