LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

ベルギー・イーペル市で「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を開催します


平成30年10月30日

 被爆の実相を伝え、核兵器廃絶に向けた世論を醸成するため、広島市と長崎市が共同で、海外において開催している「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を、この度ベルギーのイーペル市で開催します。

 

1 原爆展の概要

開催場所

イーペル博物館

開催期間

平成30年(2018年) 11月9日(金)~12月2日(日)(原則月曜日休館)

10時~18時(ただし11月16日以降は17時閉館)
主  催 イーペル市、広島市、長崎市
展示等の内容

①被爆の実相を伝える写真パネル(30点)

②動員学徒の遺品等資料(20点)※1

③被爆体験証言(被爆体験証言者 笠岡貞江氏を派遣。4回実施)

④被爆体験記(オランダ語訳)※2
開会行事

11月9日(金) 16時~
(平和記念資料館長 志賀賢治を派遣)

※1 オバマ前米国大統領が折った折り鶴1羽(オバマ前大統領から子どもたちへ手渡されたもの)を含みます。

※2 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の協力により、被爆体験記(オランダ語訳)を配布します。

 

2 これまでの開催実績

 平成7年度(1995年度)以降、18か国48都市で延べ56回開催。

    ヒロシマ・ナガサキ原爆展開催実績

 

3 その他

 イーペル博物館は、平成30年(2018年)7月30日に開館し、「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が同館での初めての企画展となります。

 

 

問合先

啓発課 TEL 082-242-7828 


お知らせ一覧に戻る

お知らせ一覧 News