LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

基町高等学校の生徒と被爆体験証言者との共同制作による「原爆の絵」


被爆体験証言者の記憶に残る光景を、広島市立基町高等学校生徒と被爆体験証言者が共同で「原爆の絵」を制作しています。
現在までに116点の作品が完成しています。こちらをご覧ください。
 

当館では、被爆の実相を広く発信するため、次のとおり「原爆の絵」の複製画等の貸出を行っています。

 

貸出媒体・方法

 

貸出媒体・説明 規格・サイズ等 申込先等

複製画の貸出

 

複製化された作品(場面の説明文あり)が63点あります。

一覧はこちらをご覧ください。

 

厚紙印刷(マット加工)

用紙サイズ:約530mm×約420mm
1セット63枚入

展示用に四隅にパンチ穴があいています。
輸送用ケース:(約460mm×約560mm×約80mm 約7kg)×2ケースに入れてお届けします。

受付専用電話

TEL 082-541-5544

までお電話ください。

複製画のデータの貸出

 

複製化された63点(場面の説明文あり)のデータです

展示する場合は、印刷する必要があります。

 

 

印刷用データ

Illustrator CS5形式

63作品分

 

ディスクをお届けします。

 

※開くには専用ソフト(アドビ社イラストレーターが必要です。)

受付専用電話

TEL 082-541-5544

までお電話ください。

実物の絵(油絵)の貸出

 

※往復の運搬は、美術品輸送となります。

F15号サイズ(652mm×530mm)の絵が額縁に入っています。

啓発課 TEL 082-242-7828

までお問い合わせください。

画像データの提供

 

全ての作品を画像データ化しています。

印刷物への掲載や、テレビ番組内・講演会のスライドなどにご利用いただけます。

 

ファイル形式:JPEG

 

メール又はディスクでデータをお渡しします。

 

※絵のみをスキャンし画像データ化したものです。説明文等はありません。

申請書をダウンロード、ご記入の上、啓発課までFAX(082-247-2464)又はメール(keihatsu@pcf.city.hiroshima.jp)してください。

 

 

 

負担いただく経費

●往復の運搬(発送・返却)にかかる経費は、使用者の負担となります。

 

●使用料は無料です。

 

 

 

問合先

啓発課

TEL 082-242-7828

FAX 082-247-2464
(受付対応日時:1月1日~12月29日、9時~17時)