LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

「被爆体験の継承」を再考する


講演会

広島平和記念資料館講演会

  • 広島平和記念資料館 地下1階 メモリアルホール
開催概要

広島平和記念資料館では、被爆の実相を伝える講演会を開催しており、今年度の1回目は次のとおり行います。

 

 チラシダウンロード

 

日  時

平成29年12月9日(土)午後2時~3時30分

 

講  師

直野 章子(なおの あきこ)

 

広島市立大学 平和研究所 教授

米アメリカン大を卒業後、1995年に同大で広島市と原爆展を開催。カリフォルニア大学大学院サンタクルーズ校に進学し、2002年に社会学博士号取得。九州大学大学院准教授などを経て2016年10月、広島平和研究所に着任。

 

内  容

被爆体験は継承することができるのでしょうか。

継承するべき「被爆体験」とは、どのようなものなのでしょうか。
改めて考えてみたいと思います。

 

料  金

無料

 

定  員

312人

 

主  催

(公財)広島平和文化センター
平和記念資料館啓発課

 

お申込み方法

郵便はがき又はファクシミリで ①お名前、②電話又はファクシミリ番号、③手話通訳、要約筆記のご希望があればその旨 をご記入のうえ、原則として11月30日(木) までに下記へお申込みください。

 

問合先

〒730-0811 広島市中区中島町1番2号

広島平和記念資料館啓発課

TEL:082-242-7828

FAX:082-247-2464

 

展示・催し物Exhibitions & Events