LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-2-6N家の崩壊


Nさんは、働者の漁師だった。
あの日Nさんは、建物疎開作業に動員されて被爆。
全身に火傷を負った。
2年後、Nさんは徐々に回復し、時には漁に出られるようになった。
しかし、それも長くは続かなかった。
1951年(昭和26年)3月、
一家の生計を支えるため働き続けた妻が亡なくなった。
子どもを殺して死のう……と決心したNさんは、
残ったお金で米を魚を買って子どもに食べさせ、
夜のふけるのを待って子どもの首に手をかけたが、
どうしても力が入らずとうとう朝を迎むかえた。
生きていくしかなかった。