LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-6絵筆に込めて


何年たっても脳裏から離れない惨状。

「残しておかなければ」と
描き込まれた線・色・言葉。

あの日の日々の叫びが聞こえてきます。

 

「市民が描いた原爆の絵」の収集は1974年(昭和49年)、一人の被爆者が 自らの体験を描いた絵をNHK広島放送局に持ち込んだことがきっかけとなって始まり、同局の呼びかけに2,225点の絵が寄せられました。また 2002年(平成14年)には、当館・NHK広島放送局・中国新聞社が共同で呼びかけ、新たに1,338点の絵が寄せられました。これらの絵は現在当館が所蔵しており、今も引き続き寄せられています。