LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-4魂の叫び 4


「俺は絶対に死なない。」―後遺症と闘った青年の日記
松野(旧姓:木村)妙子寄贈

広島工業専門学校機械科1年生だった木村一男さん(当時18歳)は学校の教室で被爆。

中にガラス片が突き刺さり、左手に火傷を負いました。 

戦後復学したものの身体は徐々に弱っていき、被爆から3年後の1948(昭和23)年

8月9日に亡くなりました。

日記には、苦況に抗う強い意志、症状に対する焦り、将来の夢、13歳で被爆死した妹・

幹代さんのことなど、一男さんの心の叫びがつづられています。

 

木村一男さん(前列左から2番目)

木村一男さん(前列左から2番目)
松野妙子提供