LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-3魂の叫び 3


シャツ、弁当箱
爆心地から900m
小網町 六岡シ力ヨ寄贈

このシャツは市立中学校1年生の六岡由朗さん(当時13歳)が被爆時に着ていたものです。由朗さんは学徒動員で建物疎開作業中に被爆し、全身に大火傷を負った姿で自宅に帰りました。由朗さんは、家族と避難した河原で翌日早朝息を引き取りました。

 

弁当箱は後日母親ら家族が建物疎開の作業現場で発見したものです。
彫られていた名前から由朗さんのものだと分かりました。

 

母親・シカヨさんの手記より

由ちゃん、どうしてお母さんより先に死んだの。
生まれて、まだたった十三年と九か月の命だったのよ。
原爆さえ落されなかったら、死ぬことはなかったのにね。