LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-2-2原爆のさく裂


背後から原爆の熱線を受けた男性

1945年(昭和20年)10月5日~6日 爆心地から1,500m 千田町一丁目 広島赤十字病院 

菊池俊吉撮影 田子はるみ提供 

 

    広島に投下された原爆は、地上600メートルの上空でさく裂しました。さく裂の瞬間に強烈な熱線と放射線が放出され、強烈な爆風が吹き抜けました。市内のほぼ全域が被害を受け、たくさんの人たちが、手の施しようのない、ひどい火傷や傷を負い亡くなりました。また、放射線は建物を突き抜け、人体の奥深くまで入り、深刻な影響を及ぼしました。さらに、放射線はその後も長期間にわたり、人々を苦しめました。

東館3階 2 核兵器の危険性