LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-2-1戦争、軍隊と市民

 

1937年(昭和12年)、日中戦争が始まると、第五師団をはじめ広島の部隊も出動し、中国大陸を転戦しました。戦争は長引き、多くの日本人兵士が戦地で倒れ、家族の元に帰ることができませんでした。一方、南京事件のように、中国人兵士だけでなく捕虜や民間人、子どもも犠牲になりました。

東館2階 3 広島の歩み