LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-1-1-2日清戦争と広島

戦争で広島入りした明治天皇の姿を描いた錦絵「広島国会仮議事堂の図」
1894年(明治27年) 広島市立中央図書館所蔵

1894年(明治27年)に開戦した日清戦争では、広島の宇品港が兵士や物資を主要な戦場である朝鮮や中国に送り出す拠点として重要な役割を果たしました。戦争の最高指導機関である大本営が東京から広島に移され、明治天皇も滞在しました。日清戦争の戦費を審議する臨時帝国議会を広島で開催するため、仮の国会議事堂も建てられました。広島は臨時首都の様相を呈しました。

東館2階 3 広島の歩み