LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-3-4-4核兵器の非人道性

核兵器の人道的影響に関する国際会議
2013年(平成25年)3月4日~5日
ノルウェー・オスロ Mari Nordmo撮影 ノルウェー外務省提供

 被爆者をはじめ多くの人々が長年にわたり訴えてきた核兵器の非人道性は、国際社会の核兵器廃絶へ向けた取り組みに大きな影響を与えています。2013年(平成25年)3月にノルウェー・オスロで開催された「核兵器の人道的影響に関する国際会議」では原爆の医学的な影響や被爆体験が報告され、多くの国が、核兵器が使用されれば十分な対応を行うことは不可能と認識しました。同年の4月には、南アフリカが中心となり80カ国が賛同する「核兵器の人道的影響に関する共同声明」が発表され、核兵器をいかなる状況においても二度と使用しないこと、それを保証する唯一の方法として核兵器の全面的な廃絶が明記されました。

東館3階 2 核兵器の危険性