LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-3-2-1マーシャル諸島での核実験

アメリカの水爆実験「ブラボー」の爆発
1954年(昭和29年)3月1日 マーシャル諸島
アメリカ国立公文書館所蔵 (公財)第五福竜丸平和協会提供

 1946年(昭和21年)からアメリカはマーシャル諸島を恒常的な核実験場とし、原爆、水爆の爆発実験を何度も行いました。1954年(昭和29年)3月1日にビキニ環礁で行った最大の水爆「ブラボー」の実験では危険区域以外にも放射能を含んだ「死の灰」が降り注ぎました。「死の灰」を浴びた周辺の住民は火傷を負い、嘔吐や下痢、頭痛を訴え、脱毛の症状も見られました。さらに後には、甲状腺障害や出産異常などの障害に苦しみました。

東館3階 2 核兵器の危険性