LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-2-5-5放射線被ばくによる白血病とがんの発生

 被爆から年月を経て、白血病やがんによって亡くなる人が増えていきました。白血病発生の増加は被爆して2年から3年後に始まり、7年から8年後に頂点に達しました。その後、減少していきましたが、現在でもその危険性は続いています。一方、がんが発生するまでの潜伏期は長く、被爆後5年から10年ごろに増加が始まったのではないかと考えられています。