LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-2-1-2廃虚となった長崎

1945年(昭和20年)10月  林重男撮影 長崎原爆資料館提供

 1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、プルトニウム239を使った原爆が長崎に投下されました。原爆は、長崎市浦上地区の上空約500メートルでさく裂しました。熱線や爆風による直接の被害は、浦上地区に限定され、丘陵にさえぎられて長崎市中心部には及びませんでした。市内の約5万1,000戸の建物のうち約36パーセントが被害を受け、1945年12月末までに約7万4,000人が亡くなりました。

東館3階 2 核兵器の危険性

2-2-1 広島・長崎に投下された原爆内の資料