LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-3-3-1映画『原爆の子』

映画『原爆の子』の広島ロケ 1952年(昭和27年)6月5日 中国新聞社提供

1951年(昭和26年)、広島の少年少女たちの体験記を集めた『原爆の子』が出版され、大きな反響を呼びました。肉親を奪われた子どもたちの願いを表した手記を基に、広島出身の新藤兼人監督が映画『原爆の子』を製作しました。広島の原爆をテーマにした初めての映画で、市内の学校などの協力を得て撮影され、1952年(昭和27年)夏に公開され、翌年にはカンヌ映画祭にも出品されました。