LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-2-3-5原爆症研究の進展

第1回後障害研究会で発表する医師たち 1959年(昭和34年) 中国新聞社提供

占領期も日本人医師たちは原爆症の研究を続け、サンフランシスコ講和条約締結以降は研究発表が急増するなど、原爆症の研究が本格化していきました。1959年(昭和34年)には、多くの医師の参加を得て第1回原子爆弾後障害研究会が広島で開催され、原爆症への有効な治療を求めて医師たちの努力が続けられました。