LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

3-2-1-8慰霊・追悼

原爆ドームの近くに建てられていた慰霊碑
1952年(昭和27年) 佐々木雄一郎撮影 塩浦雄悟提供

被爆から1か月後の市内には原爆で亡くなった人を弔う簡素な墓標が見られ、四十九日のころには慰霊行事を行う地区もありました。1946年(昭和21年)には広島市などの公的機関も加わって中島地区に戦災供養塔が作られ、その後も市内各所に石造りの慰霊碑が建てられていきました。1952年(昭和27年)に広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)が、1955年(昭和30年)には原爆供養塔が平和記念公園内に設けられました。