LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-1-1-4マンハッタン計画

ウラン濃縮工場
1945年(昭和20年) アメリカ・テネシー州オークリッジ  PPS通信社提供

 1942年(昭和17年)6月、アメリカ陸軍のマンハッタン工兵管区が主導したことから後に「マンハッタン計画」と呼ばれる極秘の原爆製造計画が始まりました。

 ウランの濃縮やプルトニウムの生産には大規模な工場が必要で、民間の協力も不可欠でした。原爆の開発は軍、科学者、産業界を総動員して進められた巨大軍事開発事業であり、3年の歳月と20億ドルの経費をかけて原爆は完成しました。

東館3階 2 核兵器の危険性