LANGUAGE

文字サイズ
S
M
L
背景色

2-28月6日の惨状


衣服は引き裂け、皮膚はたれ下がる
吉村吉助作

一瞬にして街は破壊され、多くの人々が何が起こったのかも分からないまま命を奪われました。
生き残った人々も、火傷でパンパンに膨れ上がった顔、だらりと垂れ下がった皮膚、血みどろの身体――変わり果てた姿で炎の中を逃げまどいました。